メディアとニュース

ホームページ / ニュース / 業界ニュース / 純チタンとチタン合金の違いは何ですか

純チタンとチタン合金の違いは何ですか

アップデート:2022-11-17
概要:チタン金属は非常に優れた特性を持ち、軽量でありながら強度が高く、金属の中で第 1 位であり、耐食性も非常に高いです。航空宇宙、生物医学工学、その他の分野では、非常に幅広い用途があります。それで、違いは...
チタン金属は非常に優れた特性を持ち、軽量でありながら強度が高く、金属の中で第 1 位であり、耐食性も非常に高いです。航空宇宙、生物医学工学、その他の分野では、非常に幅広い用途があります。それで、違いは何ですか 純チタン そしてチタン合金?
1.純チタン
純チタンは銀白色の金属で、軽量、高強度、金属光沢、湿気や塩素ガスに対する耐性など、多くの優れた特性を備えています。
チタンの密度は鋼よりも軽いですが、その機械的強度は鋼とほぼ同じで、アルミニウムの2倍、マグネシウムの5倍です。チタンは高温に耐性があり、融点は 1942K で、金よりも 1000K 近く高く、鋼よりも 500K 近く高いです。
2.チタン合金
チタン合金とは、チタンと他の金属からなる様々な合金金属を指します。チタン合金は、強度が高く、耐食性に優れ、耐熱性が高いという利点があります。チタン合金は鋼の 60% にすぎず、一部の高強度チタン合金は、多くの合金構造用鋼の強度を超えています。
3. 純チタンとチタン合金の違い
(1).異なるチタン含有量:
純チタンは銀白色の金属ですが、チタン合金はチタンと他の金属からなるさまざまな合金金属を指します。
(2).The密度が異なります:
チタンの密度は 4.54g/立方センチメートルで、鉄より 43% 軽く、アルミニウムより高く、鉄、銅、ニッケルより低く、比強度は金属の中で 1 位です。チタン合金の密度は一般的に約 4.51g/立方センチメートルで、これは鋼の 60% にすぎません。チタンおよびチタン合金は非常に重要な軽量構造材料であり、航空、航空宇宙、車両工学、および生物医学工学の分野で非常に重要な応用価値と幅広い応用の見通しがあります.