メディアとニュース

ホームページ / ニュース / 業界ニュース / 海水淡水化産業におけるチタン板とチタン管の応用と展望分析

海水淡水化産業におけるチタン板とチタン管の応用と展望分析

アップデート:2022-08-04
概要:水は生命の源であり、淡水は人類の生存と発展にとって重要な資源です。地球の面積の約 70% は水で覆われており、そのうちの 97.5% は海水です。残りの 2.5% の淡水のうち、利用可能な淡水資源は、...
水は生命の源であり、淡水は人類の生存と発展にとって重要な資源です。地球の面積の約 70% は水で覆われており、そのうちの 97.5% は海水です。残りの 2.5% の淡水のうち、利用可能な淡水資源は、地球上の総水の 0.26% しか占めていません。現在、世界的な水不足の問題はますます深刻化しており、わが国は深刻な水資源不足の国です。水不足は、私の国の社会経済の持続可能な発展を制限する主要な問題の 1 つです。海水淡水化は、新しい水源を開拓し、水資源の持続可能な利用を実現し、人的水資源の不足を解決する効果的な方法です。
国家「十二五カ年計画」期間中の海水淡水化産業の発展政策によると、2015年までにわが国の海水淡水化能力は3倍から4倍に向上する。海水淡水化の生産能力が 2 倍になるということは、投資が 2 倍になることも意味します。したがって、わが国の海水淡水化産業は、急速な発展期を迎えます。
チタンプレートと チタン溶接パイプ 海水淡水化産業で使用される重要な材料です。海水淡水化産業の急速な発展に伴い、私の国のチタン産業は確実に新しい機会と発展の機会をもたらします。海水淡水化技術と海水淡水化産業におけるチタンとその合金の応用を要約し,海水淡水化産業におけるチタンとその合金の使用の見通しを分析した。
もちろん、チタン材料の新しい市場である海水淡水化業界には、機会と課題の両方があります。国家政策の強力な支持を得て、チタンとその合金は海水淡水化プロジェクトで広く使用され、新しいチタン市場の発展を大きく促進すると信じています。
「海洋金属」と呼ばれるチタンとその合金は、海水中での耐食性に優れ、天然水中で最も耐食性の高い金属材料であることがわかっています。海水中での耐食性はステンレス鋼の100倍です。 、低密度、高強度、良好な耐熱性。したがって、材料の機能、信頼性、耐用年数、メンテナンスなどを総合的に考慮すると、チタンとその合金は間違いなく海水淡水化装置の最も競争力のある材料です。淡水化プラントでのチタンの使用には、熱交換器、ブラインヒーター、凝縮器、蒸留器、蒸発器、ポンプ、バルブ、配管などが含まれます.