メディアとニュース

ホームページ / ニュース / 業界ニュース / チタンプレートの熱校正の要件は何ですか?

チタンプレートの熱校正の要件は何ですか?

アップデート:2022-04-21
概要: 熱校正を成功させるには、適切な加熱温度、保持時間、成形圧力を選択する必要があります。熱形状補正中に成形品に加えられる圧力により、成形品が金型に確実に押し付けられます。しかし、どんなに圧力をかけても、...
熱校正を成功させるには、適切な加熱温度、保持時間、成形圧力を選択する必要があります。熱形状補正中に成形品に加えられる圧力により、成形品が金型に確実に押し付けられます。しかし、どんなに圧力をかけても、型とテーブルの形を整えることができます。したがって、温度と時間は熱補正の効果に影響を与える主な要因であり、温度が決定的な要因です。スプリングバックを十分になくすためには、一定の温度で行う必要があります。いわゆる熱仕様は、主に形状補正の温度と時間を決定します。一般に、を形成するための適切な熱仕様 チタンシート 成形後、部品が次の基本要件を満たしていることを確認する必要があります。

1.部品は金型にしっかりと接着されており、基本的に手動でトリミングする必要はありません。外観、サイズ、表面品質は、チタンプレート部品の検査要件を満たしています。
2.材料の機械的特性は基本的に安定しており、室温および動作温度での主要業績評価指標は要件を満たしています。
3.部品内部の残留応力は基本的に排除されます。
4.熱補正後の材料の平均水素含有量は、許容値の150p.p.mを超えません。
5.酸化物スキンと通気性層の合計の厚さは、金属板の厚さの許容される負の偏差の半分を超えてはなりません。
6.材料の金属組織に変化はなく、明らかな結晶粒成長、過熱、その他の現象はありません。
7.上記の要件を満たすことを前提として、温度をできるだけ低くし、時間をできるだけ短くする必要があります。圧力は、部品が互いに押し付けられることを保証するのに適しています。

成形精度は部品のプレス成形の最も基本的な要件であり、温度と時間の仕様が適切かどうかを測定するための主要な指標でもあります。成形精度を判断する方法は、室温まで冷却した後の部品の非接着度、つまり残留スプリングバックの量を測定することです。基本的に成形精度を維持することを前提に、チタン板の熱補正の仕様を事前に決定することができます。